ARIA The NATURAL

基本データ

作品名:
ARIA The NATURAL
ARIAシリーズ)
よみがな:
アクア
放送:
2006年 4月
話数:
全 26 話
制作:
ハルフィルムメーカー
みんなの評価:
話題性:
12
累計平均売上:
9,220 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

物語は、惑星マンホーム(地球)から来た少女、水無灯里(CV: 葉月絵理乃)(みずなし あかり)の視点で語られる。灯里はウンディーネとなるために、人間一人、猫一匹の小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」(アリア―)に入社する。この都市の観光会社には航海の安全を祈願するために青い瞳の猫を象徴にするという風習があり、ARIAカンパニーでは火星猫のアリアを社長にしている。アリアは作品のマスコット的存在ともなっている。経営者で先輩のアリシア(CV: 大原さやか)は業界一の成績を持つウンディーネであり、灯里はその優しい指導の下で成長していく。

また、灯里は同じこころざしをもつ二人の少女と友人になる。一人は老舗観光会社「姫屋」の跡取り娘、藍華(CV: 斎藤千和)(あいか)。もう一人はまだ学生ながら、一流の操船技術を持つアリス(CV: 広橋涼)。3人の所属会社は違うが合同で練習を行い、観光案内と操船の技術を磨いていく。

各話ではネオ・ヴェネツィアの風習や季節の風物などが描かれる。時折り、妖精ケットシーのような幻想的な存在が灯里の前に現れることもある。灯里の職階は見習いの「ペア」から、一定の範囲で営業が認められる半人前の「シングル」、そして、一人前のウンディーネである「プリマ」へと昇格していく。

レビュー・感想

異例とも言える、前作からわずか1クールという短い期間で、今回は2クールで復活っとこの作品の人気、支持がでっかい凄い事をものがたっています。
ストーリーは前作の続きからのスタートですので、観ている人は一応復習の意味も込めて、観ていない人は前作からこの『未来形ヒーリングアニメーション』を観て、世界観を体験してからの方が何倍もこの素敵な世界観に楽しめて癒されると思います。
でも、今作から観て頂いても大丈夫かとは思います(何人かの友達も今作からハマりましたので)、特に今作の第2話は評判も良く、これが『ARIA』っと言う作品で、こんなアニメは観た事ないっと言わしめる程…そして、観た人に言葉では表せない、胸に温かく素敵な気持ちが生まれて溢れてきました…これを機に、ALL-A&G系好きな人も普段アニメに興味が無い人も、この奇跡で出来た素敵な作品を観てみませんか?
第18話「その 新しい自分に…」第19話「その 泣き虫さんったら…」「その 乙女心ってば…」第20話「その 影のない招くものは…」が収録されていて 第18話「その 新しい自分に…」は、みんなでバーベキュー大会をしたストーリーです。そのバーベキュー大会で藍華ちゃんにあるハプニングが起こって、ひどく落ち込んでいた藍華ちゃんを晃さんが励ました一言にはすごく感動し、そして 立ち直った藍華ちゃんは、とても素敵でした。おまけに…晃さんとアテナさんとアリスちゃんがお肉を焼いている時にした“お肉コール”ダンスはとてもおもしろかったです。
この「ARIA」と言う作品は見ているだけで心が和みます。
灯里ちゃんや藍華ちゃんやアリスちゃんやいろんな人が笑ったり泣いたり喜んだり怒ったり恥ずかしいセリフを言ったり禁止されたり(笑)。
このアニメは「絶対」と言って良いほど面白お話です。
そう思わせるのが灯里ちゃんふうに言うとこのARIAと言う作品の
「魔法」なんでしょうね(笑)。
ついに発売されたアニメ版ARIA第二期DVD!
やはり一番最初に気になったのは、「あれ?微妙に絵が違う?」と言うところ、個人的には第一期よりもこちらのほうがキャラの絵は好きですね〜。
しかしネオヴェネツィアから感じる暖かさや優しさが1クールのブランクを空けてもまったく変わっていないのはとても嬉しかったですね〜これからもこのARIAの世界が素敵に輝き続けていてくれることを願うばかりです。
NATURALシリーズが26話まであったのは正解だったと思います。
前半までは、ひじょうに緩やかなスペースで話が進みましたが、
後半では、良い意味でやや刺激があり、ARIAシリーズでは、
最も娯楽性が高いエピソードが多かったのではないかと思います。
またエンディングテーマが後半で変わり、ずいぶん雰囲気が変わりました。
自分が初めて、ARIAという作品を知ったのは、
CS放送AT−Xで、NATURALの前半の途中からです。
初めの印象は、「退屈だ」「押しつけがましい」と良くなかったのですが、
何度も観るうちに、ARIAという作品の良さが解るようになりました。
NATURAL中期には、ファンタジーと思わせる雰囲気があるエピソードが多々あり、
不思議な気持ちを感じられたのが新鮮に思えました。
最終回は、ネオ・ヴェネチィアに雪が降り、街の住民の心の温かさが感動的です。
本当にきれいな終わらせかたをして良い印象が心に残りました。
DVD・BOXの内容も、かなり充実しております。
特に声優さんたちのインタビューなどが豊富に入っています。
それから新たに録音したドラマCDも、アリシアさんの失敗談や灯里の幻想的な体験
(原作の11巻を読めばわかる)などあり、頭の中で映像を空想するのは心地良いです。
買うか買わない方が良いか迷いましたが、買って良かったと思います。
私の地域ではNATURAL観ることができません。ANIMATIONを観てARIAを知り原作、DVDを集めるまでハマった私には、これほど悲しいことはありません。なので、DVDにはでっかい期待してます。
アクアには行くことはできませんが、灯里ちゃん達のように日々生きていくことはできる!ARIAを観た方達がそんな感想をもってもらえるとうれしいです。
当方、天野先生、佐藤監督両方のファンということもあり、3期ともばら売りDVDを所有しています。その上でのレビュー?です。
確かに売り方に少しの疑問も無いわけではありませんが、ファンとして納得して(ANIMATION&NATURALの)BOXも購入しています。ドラマCDも天野先生の新作では有りませんが、吉田玲子さんなら個人的には納得です。天野先生の作品のみが好きな方は、「あまんちゅ」を全力で応援されることをお勧めします。
佐藤監督の作品では過去に、カレイドスターというファン泣かせのDVD乱発作品もありましたが、当方は全巻セットの「おもひでボックス」なるものを購入し以降後悔はしてはいません。
ばら売りのみを買うも良し、BOXのみを買うも良し、両方買うも良し、売る側はどういった気持ちで出しているのか分かりませんが、ファンが選択して購入すれば良いのではないでしょうか。費用対効果なんて個人によって違うものですし。
なお作品の内容的には一切のマイナス評価は存在しません。未購入の方はこの機会にぜひご購入いただいて何度も何度も観ていただくことをお勧めします。疲れた社会人、学生の心のオアシスとなることでしょう。
アリアにはまって日が浅く、
私はまだこのARIA The NATURAL シリーズは全部手に入れていないので、
まともに全巻購入するよりも半値ぐらいでさらにおまけが付いてくるのは大変嬉しいです。
多分ブルーレイ版出たらまた買っちゃいます。
アリア素敵ワールドは一度はまると抜け出せなくなっちゃいますので
これを機会にファンが増えてくれるといいなと思います。
アリアにはまると何でも無い散歩道でも凄く世界が素敵に思えてくるので不思議です。
ちなみに前作知らなくても今回から観初めても話が全く分からないという作品ではありませんので、
迷っていらっしゃる方はどうかご購入を検討して欲しいです。
そしていつか続編(数年後編)はCDドラマでなくOVAでも良いのでアニメで出てくれると嬉しいです。
ファンから観れば最終回後のお話は蛇足かも知れず怒られるかも知れませんが、
私はすごく、すっごく観たいのです。
今回のセットの特典CDもDVDもコンテ集も
ものすっごく楽しみです。
前回のARIA The ANIMATION DVD-BOX(初回限定生産)も
今ではプレミア価格になってしまっていますので、
今回も早めのご予約をお勧めしたいです。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

ARIA The NATURALが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。