薬師寺涼子の怪奇事件簿

基本データ

作品名:
薬師寺涼子の怪奇事件簿
よみがな:
やくしじりょうこのかいきじけんぼ
放送:
2008年 7月
話数:
全 13 話
制作:
動画工房
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
1,746 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

東大卒の警視庁キャリア官僚、加えて絶世の美女だが性格は最悪の主人公・薬師寺涼子(CV: 生天目仁美)が、部下を引っ張りまわして怪奇事件を解決していくというストーリー。部下である苦労人の泉田準一郎(CV: 木内秀信)による一人称視点で語られる。

作者自身が「ストレス発散のために書いた」と公言している通り、荒唐無稽な展開と設定が特徴である。

各作品の犯人は、世界各地の神話をモチーフとした化け物、あるいはそれを利用する人間であることがほとんどで、普通の人間が普通の犯行を行うことはまずない。作中では泉田への好意を回りくどい言動で示す涼子と、涼子の意図に全く気づかない泉田との噛み合わないやりとりが随所に見られ、この作者の作風としては珍しくラブコメ要素が強い作品となっている。

レビュー・感想

薬師寺涼子の怪奇事件簿が好きな方と、田中芳樹を好きな方とでこの作品の見方が変わると思います。私は後者なので、原作でも設定されていない内容でオリジナルストーリーにしてしまったのは残念で仕方ないですね。
他のアニメ化作品でも言えることですが、せっかく原作がすばらしいのに、その人気にあやかって監督という人種が勝手に物語を作り替えてしまうのは許し難い越権行為だと、憤りを隠せません。
創竜伝より増して、痛烈な政治批評が多く出てくる薬師寺涼子の怪奇事件簿をアニメ化する自体、いろいろ問題が在ったと思います、政権が変わったいまならすんなり原作通りで行けたかも知れませんが、結果として原作にもない設定を設けてしまったこのアニメは、薬師寺涼子の怪奇事件簿の看板を使った別物ですね。
作品のクオリティや大人向けアニメの雰囲気などはとても良いので一見の価値はありますが、原作を読む人にはこのアニメは無かった物にしないと辻褄があわなくなるでしょう。
最近見たアニメのなかでは結構、上位に位置するアニメだと思います。
アニメ版に関して言えば、一貫して製作されていたらしくブレもなく、
最後はすべての事件が「芝」と陰謀につながっているという終わり方をしてこのアニメは終わります。
小説や漫画は未読ですが、それでも十分この作品の面白さや魅力は感じ取れたと思います。
今、主流になっている萌えアニメではないですし、若干洒落てはいるが
基本に忠実で、しかしやや尖っているこの作品を最後まで見れてよかったとおもっています。
なかなかキャラがたって良いですね。大人向けなようで肩に力をいれず幅広く楽しめるアニメです。昔の味があり個人的に好きです。
この作品の最大の特徴にして、他の作品と違うポイントが何かを考えた訳です。
私なりに考えてみた訳ですが、こういう事になるかと思います。
現在のアニメ界流行のライトノベル原作のアニメ化だが、そのライトノベルは現在の流行ではない。
なにせ原作の発表は10年前ですので、これは間違いないと思う。
また、どの様なジャンルの商売にも共通する事ですが、敢えて流行に逆らって商品の開発をする場合、
絶対に必要とされる物は、唯一つ。
普遍的価値。
早い話、この作品にそれがあるのか、ないのか?
特に伝奇アクションというジャンルその物がまたマイナーで流行に逆行している事を踏まえると、
それのみで評価が決定すると見て良いと思われます。
問題なのは、そこが正直微妙です。
そこまでになると、作品に統一感が必要なのですがその構成が完成しているとは ...
主役の薬師寺涼子の声優の生天目さん、室町由紀子の桑島法子さんは適役。もうこの二人以外考えられませんね。問題は泉田君、ちょっとイメージが違う感じがします。できれば小説の映像化が良かったんだけど、放送回数のせいでしょうか、オリジナルな話になっていますね。
原作を当初から今まで読み、漫画も全巻読破していたので、アニメ化になるという情報が入った時は嬉しさ反面、あの濃い面々をアニメという分野でどこまで広げさせられるか少々不安はありましたが、見てみて画面のクオリティーの高さに驚き、以外や以外原作外のストーリーで原作ファンである私にはある意味とても新鮮さを感じました。
原作があるものは、大概原作に沿って進行し、原作と平行している作品は途中でオリジナルになるというパターンでしたが、最初からオリジナルで進むのが斬新でとても興味深かったです。
ただ、惜しむらくは先行してドラマCDが2本出てますがそのキャスティングと今回のアニメのキャスティングが違った事です。アニメの方が悪いと言うわけではないのですが、ドラマCDを聞いてる者としてはそのイメージも入ってるので初めて見た時は少々違和感がありました。
絵のクオリティが高く、大変しっかり作ってある作品でした。
原作ではなく、オリジナルの話でしたが、小説とは違った発見もあり、今まで想像していた人物達が動いていている様子は、ファンにとっては嬉しい限りですね。小さい所までこだわっている感じがしました。パッケージも素敵ですね。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

薬師寺涼子の怪奇事件簿が好きな人には以下の作品がおすすめです。

人気作品ピックアップ

ギルティクラウン

ギルティクラウン

2011年 10月 ~

とらドラ!

とらドラ!

J.C.STAFF
2008年 10月 ~

Angel Beats!

Angel Beats!

2010年 4月 ~

偽物語

偽物語

シャフト
2012年 1月 ~

ISUCA

ISUCA

2015年 1月 ~

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。