刀語

基本データ

作品名:
刀語
よみがな:
カタナガタリ
放送:
2010年 1月
話数:
全 12 話
制作:
WHITE FOX
みんなの評価:
話題性:
36
累計平均売上:
7,206 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

かつての戦乱の時代…。伝説の刀鍛冶「四季崎記紀(CV: 森功至)」の作った千本の刀の数こそが、戦局を大きく左右したという。幕府により国が統一されはしたが、幕府は四季崎の刀を恐れ「刀狩」を行い、988本までも収集した。しかし、残り12本こそが、988本を試験台にした完成形変体刀であることが判明する。

刀を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主である七花(CV: くまいもとこ)(CV: 細谷佳正)は、姉の七実とともに不承島で暮らしていた。しかし、そんな平穏な島に、変体刀の収集を幕府から命じられた奇策士とがめ(CV: 田村ゆかり)が、幼少時に親を殺害した敵であるはずの虚刀流当主の力を雇うために訪れる。しかし、とがめは敵からの追跡を受けており、とがめの「金や名誉や倒幕などのためでなく、愛のために戦う剣士を雇いたい」との言葉により、完成形変体刀十二本を集める旅に出ることになる。

キャスト

鑢七花 細谷佳正
とがめ 田村ゆかり
否定姫(#5~) 戸松遥
左右田右衛門左衛門(#5~) 小山力也
真庭人鳥(#6~) 広橋涼
ナレーション 池田昌子
真庭蝙蝠(#1/11) 鈴木千尋
宇練銀閣 宮本充
敦賀迷彩(#3/10) 湯屋敦子
錆白兵(#2/3) 緑川光
校倉必 小山剛志
凍空こなゆき(#6/10) 日高里菜
鑢七実(#1/4/7/10) 中原麻衣
日和号 遠藤綾
汽口慚愧(#9/10) 伊藤静
彼我木輪廻 伊東みやこ
真庭鳳凰(#5~) 置鮎龍太郎
七花(幼少期)(#4/7/8) くまいもとこ
鑢六枝(#1/4/7/8) 大川透
鑢みぎり(#4/7) 篠原恵美
飛弾鷹比等(#1/10) 川島得愛
四季崎記紀 森功至
鑢一根 阿部敦
真庭白鷺 羽多野渉
真庭喰鮫 坪井智浩
真庭蟷螂 保村真
真庭蝶々 阪口大助
真庭蜜蜂 三浦祥朗
真庭狂犬 根谷美智子
真庭川獺 川田紳司
真庭海亀(#6/8) 関俊彦
真庭鴛鴦(#6/8/9) 山像かおり

レビュー・感想

刀語りの存在は知っていましたが、特に気にするもなく(見ず嫌い?)放置、最近ノイタミナ枠で、七実と真庭忍軍の戦闘シーンをたまたま見ました。「何のアニメ・・・?えぐいな」最初はその程度でした。しかし、何気にHDで予約して暇な時に見ているうちに、毒気にやられました。キャラたちが個性的で良く際立っており、ストーリーも複雑で重く、でもギャグは可愛く、自分にはストライクでした。
結局、TV放送が待てずに買ってしまい、今2往復しています。超ラストの「とがめ」が花弁?で消えるシーンが切なくてお気に入りです。
初回版購入済みです。
最初は、作画とか、キャラ設定とかに戸惑いましたが、
とにかく主役二人の掛け合いがすばらしく、ボケの細谷、突っ込みの田村には、
何度も笑わせていただきました。サビハクヘイとの戦いも原作通りで…もう唖然でした。
ラスト2話へむけての長ーい伏線ですが、どの回も見所があり、全体として魅力的な作品に仕上がっていると思います。
小難しくない作品なので、一部の過激??なトガメ妄想描写を除いて、家族で楽しめる作品だと思います。
12話とはいえ、1話ごとの尺も十分ありますので、コスト的には割安感がある値段設定だと判断します。
再放送(2013年4月~)では新曲が使われていますが、この商品では初回放送時のものが使われています。
個人的には初回放送時のままの方が良いなぁと思っていたので、なんか安心(?)しました。
ちなみに、最後のナレーションも、初回放送のまま「今月今宵のお楽しみは・・・」でした。当たり前か。
一話約50分と言う変わった構成の本作。
しかし、その変わった構成が良い方向に向いてるらしく、声優の演技と脚本を50分たっぷり楽しめる贅沢な創りは満足度高し。作画も綺麗だし。終わり方もしっかり終わる。
不満としては戦闘シーンの作画かな。もう少し動いて欲しかった。
仕様に関しては、ディスク1枚に4話収録されてます。
BOX化の利点といえばかさばらないこととディスク交換の手間の解消が真っ先に挙げられるかと思いますが、刀語はより一層その有難みが感じられます。
何せ単巻版は全12巻という長丁場な上に一つ一つが結構分厚いのでかなーり場所を取るんです…(らき☆すたと同じような感じ)
ところがこのBOX版は単巻2巻分にも満たない超スリム仕様。一気に棚がすっきりしましたw ※単巻はBOXの購入に合わせて全て手放しました。
竹氏描き下ろしの黄金に輝く収納ケースは素晴らしいの一言。
メインキャラや各話の対戦相手はもちろん、まにわに十二頭領、鑢一根、四季崎記紀、果ては家鳴将軍家の十一人衆まで網羅した総勢38人大集合の豪華な仕上がりです。
これだけの人数がいながらごちゃまぜ感が全くなくまとまっているのは地味にすごい。
ただ、中に入っているのが簡素 ...
ディスクの入れ替えの手間が減った事以外にお得感がありません。更に自分は米国版BOXも所持しており、そちらにはノンクレジット版の各話エンディングや豪華ブックレットも収録されているので尚更です。米国版は字幕を消せない様になっているので、本BOXでノンクレジット版エンディングは是非収録して欲しかった。再放送なのに新OP/EDを新規に作ってもう一儲けしようとしているのもファンとしては複雑です。
初回放送の時から大好きな作品です。
しかし毎月BDあるいはDVDを購入する余裕も
全12巻を収納するスペースもなく、数年後のBOX化を信じ、
ずっとBOXが出るのを待っていました。
単巻についていたED、朗読劇、コメンタリーを収録したCDは
付属しませんがEDは別にCDが発売されていますし、このBOXは
BD1枚につき3話収録、全4枚と非常にコンパクトなパッケージになっていて
かつキャラクター原案・竹氏による新規描きおろし三方背BOXと
単巻とはまた違う豪華仕様です。
また公式サイトには書かれていませんが、
OPとEDは初回放送版のまま、収録されています。
欲を言えば、再放送開始月のタイミングで発売されたので
ノイタミナ版のOP・EDも映像特典で入れて欲しかったのと
新規のオーディオコメンタリーが1〜2話ぶん収録されていたら
良かったのに…と思うので-☆1で。
4月からの再放送で刀語を知った人にも、
単巻BD/DVDは手を出せなかったけれど、
今でも刀語が好きな人にもオススメ出来るBOXだと思います。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

刀語が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。