バンパイアハンターD

基本データ

作品名:
バンパイアハンターD
バンパイアハンターDシリーズ)
よみがな:
バンパイアハンター・ディー、:''Vampire Hunter D''
公開:
2000年 8月
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

遥か未来、人類は「貴族」と称する吸血鬼達によって支配され、彼らの「食料源=家畜」として隷属させられていた。

その不死性と超能力、強大な科学力ゆえ永遠に続くかに思えた吸血鬼の繁栄だったが、いつしか種族的衰退と精神的退廃に陥った彼らは、絶対的な支配者の座から降りようとしていた。しかし、反旗を翻した人類から追われる立場になってなお、吸血鬼が持つ数々の超絶的な力は健在であり、人々を脅かす。さらに、「貴族」達が生み出した、伝説を模した超常の生物───大蜘蛛、大巨獣、狼男等々───により、地球の環境は人の生きる上で過酷なものとなっていた。その怪物どもを「狩る」技術の発達と、「狩り」の技の専門家である「ハンター」の出現は必然であった。

「吸血鬼ハンター」とは、種々の「ハンター」の頂点に立ち、法外な報酬を受け、ずば抜けた力と技を用いて吸血鬼を狩る者たちである。

旅人帽(トラベラーズハット)を被り、背中には長い刀を背負い、胸元に青いペンダントをさげた黒衣の美青年"D(CV: 田中秀幸)"。彼は、左手(CV: 永井一郎)に妖力を持つ人面疽を宿した凄腕の吸血鬼ハンターであり、「貴族」と人間との間に生まれた「ダンピール」でもあった。「貴族」と人間の業を負った"D"の、孤独な激闘の旅は続く。

キャスト

D 田中秀幸
左手 永井一郎
マイエル=リンク 山寺宏一
シャーロット 篠原恵美
ボルゴフ=マーカス 屋良有作
レイラ 林原めぐみ

レビュー・感想

これは最新アニメの中でも超傑作!。今までのアニメの域を完全に芸術的にも技術的にも超越して、シーン一つ一つが想像を超えた美しさで描かれています。ストーリーの展開も予測できない速さで進行。キャラクターのユニークな個性が次々ととびだし、バンパイアーの世界へすっかり引き込まれてしまいます。特にアニメファンでなくっても、まるで本物の映画のようにシーンが描かれているので、じぶんがアニメをみているということを忘れてしまうほど。シーンのよさだけでなく、暴力とセックスに重点を置いたほかのアニメとは違い、ロマンスやキャラクターの孤独を引き出してムードを盛り上げています。言葉では表現されていないそれぞれの気持ちが人間関係を通して伝わってきて観客の感動をよびこんでいる。絶対に見逃せないアニメ映画、間違いなし。
おいらの中ではアニメはラピュタが最高だったんだけど
いやーこのアニメは素晴らしかった。
エンディングでは家の中で一人思わずスタンディングオべーション。
拍手と涙が止まらなかったッス。
ぜひぜひできることなら世界中の人に見ていただきたい一品です。
吸血鬼ハンターDの小説は全部読んでこの作品の元になった3作目も覚えています。
小説のエグイ所やお馴染みの裸シーンも無くてかなり見やすくなっています。
原作では結局結ばれなかった2人も映画版では・・・・・
小説を見ている人も見ていない人も絶対に楽しめると思うので是非見てください。
ラストがすごくいいですから。
私は普段アニメといえば、ジブリしか見ないのですが、原作を読んだのをきっかけにこのアニメを見ました。
私、アニメを侮ってました…素晴らしい!!!!細かく書き込まれた絵、キャラの味、格好いいアクション。何からなにまで素晴らしいです。ストーリーは、原作よりスッキリしていて分かりやすくなっています。全体的に哀愁漂うお話なのですが、ラストは重すぎず、なんだか爽やかな終わり方には素直に感動を覚えました。
また、「原作をアニメ化」というパターンは星の数ほどありますが、これほど原作ファンに受け入れられているものは非常に珍しいと思います。
個人的には、英語版の左手(じじい臭さが足りない)とバルバロイの里の爺さん(日本語版の爺さんはもっと気味悪い)の声がちょっと気に入らなかったです(えっそこ?!)Dとマイエルリンクとシャーロットの声はかなりはまっていたと思います。
例えじじいズの声が気に入らなくても、作品のできは星5つにしても足りない位です。が、大きな疑問点があります。なぜ、英語版と日本語版を分ける必要があるのでしょうか?私はアホなので、そんなことも知らずに劇場公開バージョンを通販で頼んで、「これで、日本語版と英語版両方見られる♪」とか喜び勇んでおりました。届いて、あらびっくり、ですよ。そこだけが本当に本当に残念です。これがホントの玉にキズですね。なので、星は4つにしました。あぁ…もう残念だよD…
初めてこの作品を観た時は、まだ原作を読んだことがなかったのですが、とても楽しむことができました。この作品がきっかけとなって原作の方も読み始めたのですが、原作を読んでから観ると、原作の持つ独特な雰囲気とキャラクターの雰囲気が壊さず描かれているのがよく分かり、また違った楽しみ方をすることができます。
作品のイメージも損なわれず、とってもいい仕上がり。心配してた、英語版での声優さんのイメージも、良かったです。レイラやシャーロットの声が、(女性とはいえ、あっちの女優さんにありがちな)ごっつい声とかだったらどうしようかと思ってました。日本人の耳にも、グットと思える配役でした。
アニメでしか、出せない動きに、感動。
コウモリの動きとか、もう、視神経への刺激は、かなり、いいですね。
見たことが、ないものを見れた感じ。
いかに、リアルな方面に向くか、よりも、
いかに、人間の感動、感覚に訴えるか、
という、可能性を見れた感じ。
最初は、あ、アニマトリクッスで観た絵だなと
思いつつも、どんどん、見せ場がありますね。
見れば本年度No.1の映画と納得して貰える作品です。脚本・監督を一手に引き受け、原作のストイックな美しさとバイオレンスを損ねる事なくDの世界を表現した川尻監督に拍手を送らずには要られない。川尻監督らしいキレのあるアクション映像がたたみかけるように迫ってくるのが、また秀逸。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

バンパイアハンターDが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。