スレイヤーズREVOLUTION

基本データ

作品名:
スレイヤーズREVOLUTION
スレイヤーズシリーズ)
放送:
2008年 7月
話数:
全 13 話
制作:
J.C.STAFF
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
3,345 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

前作「TRY」から11年ぶりの新作。2008年のドラゴンマガジン4月号にて新作のテレビアニメが放映されることが告知された。そして翌月のドラゴンマガジン5月号で、新作アニメのタイトルが『スレイヤーズREVOLUTION(レヴォリューション)』であることが発表された。ストーリーは本編5巻とすぺしゃる9巻等をベースとしたアニメオリジナルとなっている。略称は「スレイヤーズR」。

11年経過したこともありスタッフに大幅な変動があり、制作会社も変わったが、一部のスタッフは続投し、担当声優の変更もない。

前作までの主要登場人物に加え、新たなレギュラーキャラクターとしてワイザー(CV: 大塚明夫)=フレイオン、ポコタ(CV: 小林由美子)が登場。さらに、原作第1部で活躍した暗殺者ズーマ(CV: 飛田展男)デュクリス(CV: 松山タカシ)も登場。

TVシリーズでは初めて主題歌の歌詞テロップが廃止された。主人公・リナ=インバース(CV: 林原めぐみ)によるオープニングの口上が第1作以来に復活した。本作と『EVOLUTION-R』のサブタイトル画面BGMは『NEXT』の物を使用。

アニメ開始に先立ち、同タイトルの漫画版がドラゴンエイジ6月号から連載された(ポコタ、ワイザーも第1話より登場)。また、放送に合わせて原作の外伝『すぺしゃる』は『すまっしゅ。』に改題された。

この他、リナを演じる林原めぐみが自身のラジオ番組(林原めぐみのHeartful Stationおよび林原めぐみのTokyo Boogie Night)の中で度々情報提供をしていた。主題歌は過去作品同様、林原が歌っている。

テレビ東京系6局にて、2008年7月から同年9月まで放送された。放送枠は深夜帯で、ローカル放送だった。

放送は変則2クールとなっており、前半は第4期、後半を第5期として位置づけられていることが発表された。2008年10月、続編の新シリーズ(第5期作品)の放送が決定したことが予告され、後にタイトルを『スレイヤーズEVOLUTION-R』として放送予定であることも発表された(以降の詳細の『スレイヤーズEVOLUTION-R』を参照)。

時系列は原作1部および『TRY』から2部までの間に当たる(『EVOLUTION-R』も同様)。

デジタル制作かつハイビジョン放送作品となったが、スレイヤーズシリーズ最後の地上アナログ放送でもある。

登場人物・声の出演

  • ポコタ - 小林由美子
  • ワイザー=フレイオン - 大塚明夫
  • デュクリス - 松山タカシ
  • ジョコンダ(CV: 高島雅羅) - 高島雅羅
  • オゼル(CV: 木村はるか) - 木村はるか
  • ズーマ - 飛田展男
  • ザナッファー - 石井康嗣

主題歌

キャスト

リナ=インバース 林原めぐみ
ガウリィ=ガブリエフ 松本保典
ゼルガディス=グレイワーズ 緑川光
アメリア=ウィル=テスラ=セイルーン 鈴木真仁
ポコタ 小林由美子
ゼロス 石田彰
ワイザー 大塚明夫
クッピー 加藤夏希
デュクリス 松山タカシ
ジョコンダ 高島雅羅
オゼル 木村はるか
ズーマ 飛田展男
フラン 竹若拓磨
ゾラン 谷古美玲

レビュー・感想

キメラの話が酷い(3話?)・・・・。
最後のオチは笑う場面なの?????
堅いといわれようが、偽善者と言われようが、アレをブラックジョークとして笑えたという人のモラルを疑う。
個人的にはこれを笑えというスタッフの感覚のが変、正直理解できない。
一応ゼロス出るらしいので次の話見ますが、このギャグセンスとストーリーセンスのまま突き進まれたら私はギブします・・・・。TV見てないので現時点ではここまでしか言えませんが。
昔スレイヤーズ好きだっただけに正直残念です。
スレイヤーズ自体好きなので、贔屓目にこの評価ですが・・・。
やっぱり、NEXTとかTRYが好きだった人間として、また、原作が好きな人間として「う〜ん・・・・」という感じではあります。
ストーリー展開は、短い話数だったのもあると思いますがいまいち。私も、デュクリスのあの始末のつけ方はどうかと思いましたよ。そんなんでいいのかよ、と。
アニメとしてもどーしても前作とか思いだして・・・・。テンポ、動き・・・・昔のがクオリティ高いなぁ・・・・。なんて。
まあ、それでも現代アニメとしてのCG的な綺麗さとか、今までとは違うアニメ・スレイヤーズを見れるという点は良いかも。
新作スレイヤーズ見ました。第1話にはゲストで加藤夏希さんが声優をしてます。盗賊が絶滅しちゃうから海賊を襲うってリナらしいけど… 何はともあれやっぱりスレイヤーズ面白い
Revolutionは。スレイヤーズを見たことない人むけ わかりやすく 昔の音楽が アレンジされてるとニヤリとします(*^o^*)
アメリアパパは
相変わらず♪〜θ(^0^ )
さぁて evolution見るぞ
なぜ、いまさらやった?
しかも作画が綺麗で、キャラデザが昔と同じような感じなのがイマイチなんだよ 
どうしてこうなった
原作の本編が終了して数年、久しぶりにアニメ復活と聞き、ついにヘルマスターの話の続きを映像化する気になったかと思い、楽しみに第一話を見たところ…、えっ?何これ…。
やっちまいました、相変わらずのアメリア、ゼルガディス、光の剣の人気に依存し、よけいなマスコットキャラを加えた原作完全無視の駄目シナリオ。
ルークとミリーナの登場に期待し、終盤の切ないストーリーを心待ちにしている原作ファンを馬鹿にするにもほどがあります。
原作をまったく知らない人、もしくは初めてスレイヤーズを見る人ならそれなりに楽しめるかもしれませんが、自分と同じ物を求めている人には立派な駄作です。
スレイヤーズが大好きで、とても楽しみにしていた再アニメ化でしたが。
シリーズ中もっとも愚作となったのがこの作品でした。
まずキャラクター設定がめちゃくちゃ。
もはやただのチンピラと化した主人公リナをはじめ、
特に主要4人に何の魅力も感じられなくなっています。
そして脚本に一貫性がない。
原作どころか過去のアニメとの相互性も取れておらず、
旧知のファンは首をかしげることが多いに違いない。
その割に専門用語やキャラが大した説明もなくたくさん出てくるので
初めてスレイヤーズに触れた方にもやはり意味不明だと思われます。
あるのはただ勢いと無駄な大騒ぎのみ。
これだけを見て「スレイヤーズはこういうもの」とは
絶対に思われたくない作品。
何一つ解決しないまま終わっているので、自作には期待したい。
■蛇足:DVD化にあたって画像の小直しが入っているようです。
非常に今更ながら、Revolution&Evolusion-Rの全てを見終わりました。
あえて、四期五期まとめてのレビューをここで書いてしまいます。
ネタバレは出来るだけ避けたつもりですが…
気になる人は読まない方がいいかもしれません。
一言で言うと「なかなか良かった。…ツッコミどころは多かったけど」でしょうか。
・原作第5巻や第6巻(+第10巻)の要素がちらほら。
・原作第2部要素はほぼありません。残念ながら…。
・閑話が変なタイミングで入ってたので、
Revolutionの流れはちょっとビミョーです。
Evolution-Rの方は勢いがあって良かったんですが。
・すぺしゃるの話が元ネタの話もあります。
・xxxxが大塚明夫さんだったり、なんかやたら声優が豪華。
・設定が若干、おかしかったり、辻褄が合わないと感 ...

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

スレイヤーズREVOLUTIONが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。